村田沙耶香さんの「となりの脳世界」を読みました。デビューから15年間分のエッセイを一冊にまとめたものです。

誰もが自分だけの脳を通して世界を見ている、ということは隣のあの人が見ている世界はどんな風なのだろう、と想像するだけでワクワクしてきます。村田さんは小説で描いている世界観を裏切らない人物というか、少々ヘンテコでぶっ飛んでいて、でもとっても可愛らしくもあって、エッセイは作者の色が出るので興味深いですね。コンソメスープをなぜか大人になるまで「コソソメスープ」だと思い込んでいた話や、正座した時のつま先の向きが逆だという話など、思わず大爆笑してしまう思い込みの激しいエピソードがたくさんありました。

好奇心旺盛なところにとても好感が持てるし、友人が多そうなところもうらやましいです。旅行ガイドブック「地球の歩き方」の「日本」版が読みたい、さらには「地球」版も読んでみたいという発想には大変驚かされました。もっと自分も日常を面白おかしく楽しまないと損だなという気持ちにさせられます。

また「不完全な大人のままで」という話には泣きました。私も思春期にはずいぶんと本に救われてきたので、とても他人事とは思えませんでした。酵素水 ランキング