中学生や高校生くらいの女の子も見ていると、失礼だが可愛い子とそうでない子の差がはっきりと出ていると思います。
まだお化粧をしたり、自分で洋服を買うことのできない世代というのは、残酷だが顔立ちの違いが顕著に現れます。
目鼻立ちがくっきりしている美人さんもいれば、なんだか冴えないゆるキャラみたいな顔の子もいたりします。
しかし、大人になるにつれて、そうした見た目の差というのはどんどん小さくなっていると思います。
自分の体型や顔立ちに合わせて、自分の全体像やイメージをコントロールすることができるようになってきます。
そうなると、美人かどうかよりも、きちんと自分の特徴を理解しているかどうかが、見た目を左右するのではないかと思います。
やはり大切なのは自分らしさとか、自分にはどんなものが似合うのかをきちんと知ることではないでしょうか。
まったく同じ顔の人はいないのだから、自分の特徴を捉えるというのが、似合うものを見つける近道だと思います。
いろいろ顔や体つきにはコンプレックスが付きまといがちだが、ないものねだりにならないようにはしたいものですね。ハナシタ 脱毛