Month: 6月 2018

3つのメガバンクが2019年の新卒採用を3割ほど減らすそうですね

三菱UFJ銀行と三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループの3つのメガバンクが2019年4月入社となる新卒採用数を3割ほど減らすそうです。

これは低金利の影響で貸し出しで儲けにくくなっている事や、そもそもIT化が進んでそれほど多くの人員が必要なくなった事が影響しているようです。

これは大企業に入りたい人にとっては大企業がより狭き門になってしまうという悲しいお知らせなのかもしれませんが、そもそも現在の日本は少子高齢化が進んでいて人材確保が困難になって来ている訳ですし、他の企業にとってはこの3つのメガバンクから他の企業に優秀な人材が回ってくる可能性も高くなるという嬉しいお知らせなんじゃないでしょうか。

一部業界で必要な人員が減れば他の業界の人手不足を補う事が出来ますし、これは日本全体で見れば決して悪い話ではないように思います。

もしIT化などで必要な人員が減ってリストラとなってしまえば大変ですし、入る前からこうして調整されるのはいい事だと思います。

低金利に関してはいつまで続くか分かりませんがこうして必要な人材を減らしていく事が、少子高齢化に立ち向かう今の日本に求められる事だと思います。

大リーグでも二刀流を実現した大谷くんが凄すぎる

昭和生まれの僕は、なかなか先入観念がなくならないわけです。例えば、野球はやっぱり大リーグには叶わないとか?サッカーはブラジルには手も足も出ないはず。とか、何か西洋(この表現自体がどうかと思うけど)にはかなわないんだよなーと思ってしまうわけです。例えば今回の大谷くんのメジャー移籍についても、なかなかうまくいかないんじゃないかと思っていたわけです。普通にピッチャーだったら結構通用するんじゃないかと思うけど、二刀流で、バッターとピッチャーを両方とも挑戦するのはいかがなものかと思ったわけです。それが開幕した途端に、すぐに結果を出してあのベーブルース以来の記録を作るなんて、まさに昭和の僕にとっては漫画の世界ではありませんか?!でも今は、そんな先入観にとらわれることなく色々なことに挑戦する若者が増えています。これってやっぱり、情報が世界で共有される時代だからこそなのかもしれません。日本と他の国を比べることではなく、スポーツや文化を共有することで、今までのからを打ち破る若者が増えています。昭和の親父としては、それがなかなかできないんだよなーと何かをする前に思ってしまうわけなのです。